秋の京都へ行く♯2


前回のブログ「秋の京都へ行く#1」の続き。

2日目に泊まったのは、「宿はるやKYOTO」。
町屋を改修した宿泊施設です。

家に帰ってきたような感じで、落ち着きます。

IMGP1400.JPG

IMGP1397.JPG

IMGP1380.JPG

▼ 夕飯は京都鮨「初音鮨」。
寿司を食らう。美味しかった。

IMGP1392.JPG


▼ ザ・銭湯「柳湯」
扉を開けると見事なタイル絵が目に飛び込んできます。
番頭さんの本場「おおきに!」

IMGP1399.JPG

▼ 朝食「イノダコーヒー本店」
美味い!
コーヒーはブラックで!
おみやげに、コーヒー豆を買いました。

朝8時というのに、お店は込み合っています。

IMGP1410.JPG

IMGP1411.JPG

IMGP1405.JPG


▼ 帰り道、宿「俵屋」発見!
パシャリ!
泊まってみたいなぁ。

IMGP1402.JPG


宿をチェックアウトし、まず向かったのは、南禅寺。

▼「金地院」(南禅寺塔頭)
秋の特別拝観という文字に誘われ中へ。

IMGP1423.JPG

小堀遠州作、鶴亀の庭(特別名勝)

IMGP1430.JPG

IMGP1446.JPG

長谷川等伯筆「猿猴捉月図」

DSCF3603.JPG
<写真はWEBより拝借>
この絵のメッセージは「身の丈を知りなさい!」ってことらしい。

茶室「八窓席」
m_E98791E59CB0E999A2E585ABE7AA93E5B8AD2.jpg
<写真はWEBより拝借>


思いがけず、良いものを観ることができました。

▼ 南禅寺 「三門」

日本三大門の一つ。拝見しました。
紅葉が溢れて溢れて溢れまくり。
わっさ。わっさ。

IMGP1454.JPG

IMGP1474.JPG

IMGP1457.JPG

▼ 南禅寺 「水路閣」

あ、Casaに載ってたやつ。
琵琶湖の湖水を京都市内に引く琵琶湖疏水を通すためのもの。

廃虚のようにたたずむ姿に心を奪われます。
いろいろなものが共にあるって好きです。

IMGP1463.JPG


南禅字から、
▼ 「哲学の道」を通って銀閣寺へ向かいます。

東山のふもとにある、疏水べりの小道。
紅葉している木もちらほら。静かな場所です。

IMGP1476.JPG

IMGP1484.JPG

IMGP1479.JPG

あ~まだかぁ。

やっと「銀閣寺」へ到着。

▼「慈照寺銀閣」
 いわゆる銀閣こと観音堂。

 IMGP1488.JPG

IMGP1513.JPG

IMGP1504.JPG

▼「東求堂」
 お目当ては、四畳半書院「同仁斎」。

 ここが、書院造りのはじまりかぁ。

 付け書院の障子を開けると、歓声があがりました!
 「わー」「きゃー」
 見えてきたのは、なんと・・・綺麗にいろずいた紅葉さん。
 お見事!!
  
 はんなり。

IMGP1524.JPG


IMGP1512.JPG

IMGP1519.JPG

IMGP1539.JPG

IMGP1542.JPG

IMGP1506.JPG

▼ 最後は、高台寺「圓徳院」

IMGP1570.JPG

長谷川等伯作「冬の絵」。
201002tohaku05.jpg
<写真はWEBより拝借>


そして、北庭がとても綺麗です。

IMGP1574.JPG



どうも欲が出てしまい、てんやわんやでしたが、
2泊3日の良い旅でした。

京都さん、ありがとう。おおきに。

この記事へのコメント

  • みくり

    紅葉がとてもきれいですね。どこも素敵なところで行ってみたいです!
    2016年12月14日 10:41
  • sower

    ありがとうございます。

    11月下旬が見頃のようです。

    ぜひ、行かれてみてください!
    2016年12月15日 16:37

この記事へのトラックバック