自力で事務所づくり#11 いざ、フローリング工事へ


フローリングを張りはじめました。

下地となる構造用合板の上から、幅広のバーチの複合フローリングを張っていきます。

フローリングが届いたのは、7月初旬頃。
セール品だったので、急いでインターネットで購入して、部屋の中に入れていました。
束になった重いフローリングをかついで、1階から3階まで、20往復くらいしたことを思い出します。


フローリングを割り付けした図面を用意して、いざ作業に取り掛かります。

まずは、床に基準線を引きます。
地道ですが、大切な作業です。

DSCF9831.JPG

DSCF9822.JPG

次は、フローリングを張っていきます。
使う道具はこれ。

DSCF9832.JPG

まずは、ボンドを裏面に塗ります。
フローリングに使うのは専用のウレタン系のボンド。
木工用ボンドは使わない方が良いようです。

DSCF9834.JPG

次は、フローリングをフロアー釘でとめていきます。
とめる道具は、かなづちとポンチ。

DSCF9837.JPG

DSCF9838.JPG

ポンチの意味がわからず、ホームセンターで、ポンチという名のかなづちを
必死で探していました。

ポンチは写真中のシルバーの細い棒です。
釘の頭にあてて、その上からかなづちで
叩いて、釘を奥まで叩き込むことができる優れもの。

思った以上に釘が硬くて打ち込むことができません。
これ本当に入るの?っていうくらい硬い。
カンっ!カンっ!打撃音が響きわたるばかり。
あげくの果てには釘が曲がる次第です。

DSCF9841-1.jpg

新たな工程に入るたびに、四苦八苦しています。

原因は斜め45度の釘に対して、うまく力が伝わっていませんでした。
どちらかというと、コン、コンよりはドン!と一発重い力をかける方が、
すんなり入っていきます。
ある程度かなづちで打ち込んで、仕上げはポンチを沿えて打ち込みます。

DSCF9843.JPG

釘は30cmピッチで打ち込み、1枚あたり5本使います。
30分で4枚くらい貼りました。

DSCF9829.JPG

DSCF9848.JPG

幅広で助かりました。
普通の幅だと3倍打たないといけません。
下地合板の高さも調整しつつ、張り進んでいます。


自力で事務所づくり#10  天井仕上げ終わりました。



天井がやっと完成しました。

IMGP1613.JPG

時間もかかり、作業も大変でしたが、
天井を見上げるたびに、充実感でいっぱいです。
我ながら良く張れています。

IMGP1600.JPG
この上で天井材をたくさん切りました。
天井の枚数にすれば、約46枚(1枚の大きさ 910×910mm)

細かく見れば失敗しているところもありますが、これも愛嬌。
3つの部屋が1つにつながって、以前より広々と感じます。
解体前はこんな感じでした。

IMGP0170.JPG

お昼過ぎて、外が騒がしいと思ったら、
白川の河川敷で「くまもと復光祭」の準備中でした。
工事中も外の様子が気になって仕方ない。
天井を貼り終えたあと、すぐに河川敷に向かいました。

IMGP1612.JPG

3万個の青い灯りが白川を漂い、天の川になりました。
餓鬼レンジャーが来てくれて、花火も上がり、思いがけず良い日でした。

IMGP1644.JPG

IMGP1680.JPG

15079081_1229129007146484_718756370155592438_n.jpg
<↑3枚目の写真は「くまもと復光祭」facebookより拝借>

さぁ、次はフローリング工事です!

  

秋の京都へ行く♯1

結婚式で京都へ行ってきました。

11月の京都は紅葉のシーズン。

この機会に、京都市内を観光しました。


西本願寺 
門をくぐると、本堂と御影堂が見えてきます。この大きさは、圧巻。
境内には、大きなイチョウの木。

IMGP1158.JPG

IMGP1166.JPG

足元を見ると、とっくり、ひょうたん、ハートなどの形をした埋木が施されています。

IMGP1168.JPG

本堂と御影堂の渡り廊下はうぐいす張りの廊下で、ゆっくり歩くと、きゅっきゅっと音が鳴ります。

重機がない時代。こんな大きな建物をどうやって造ったのでしょうか・・・。
大きなものは、女の人の髪の毛を結って縄にして運んでいたとのことです。

IMGP1200.JPG


鴨川
秋の鴨川。天気も良く、ゆっくりとした時間が流れていました。

IMGP1281.JPG

IMGP1285.JPG

IMGP1283.JPG

三十三間堂 
思った以上にでかいし、長い!なんと長さ120m。

IMGP1279.JPG

IMGP1277.JPG

「三十三」という数は、観音菩薩の変化身三十三身にもとづく数を表しているようです。
よって、建築として柱間が33あるということです。


養源院
三十三間堂の道向かいにありました。
山門ごしに見える参道の紅葉がきれいでした。

IMGP1276.JPG

IMGP1274.JPG

本堂には、俵屋宗達が描いた襖絵「松図十二面」や、白象、唐獅子、麒麟を描いた杉戸絵があります。
また、驚いたのは、血天井です。天井一面、血痕の跡が残っています。
伏見城で敗れた兵の血痕のついた床を供養のために、養源院に移築したようです。


京料理 
「豆水楼」というお店で豆腐料理を食べました。
おいしかったなぁ。

IMGP1291.JPG

IMGP1301.JPG

IMGP1300.JPG

大徳寺 塔頭めぐり
一休さんのお寺で有名です。

1.龍源院 (特別公開)
 大徳寺山内で最も古いお寺のようです。
 石庭や苔庭がとてもきれいでした。
 方丈を囲むように、5つの庭が配されています。

↓ 南軒先の庭「こ沱庭(こだてい)」「阿吽の石庭」

IMGP1321.JPG
 

↓ 方丈南庭の「一枝坦(いっしたん)」

IMGP1329.JPG

IMGP1323.JPG

↓ 方丈北庭の「龍吟庭(りょうぎんてい)」

IMGP1327.JPG

↓ 壺石庭「東滴壺(とうてきこ)」日本で最も小さいお庭らしい。

IMGP1330.JPG 



2.黄梅院 (特別公開)

 前門をくぐると少し紅葉した楓が出迎えてくれます。

 IMGP1337.JPG
 
IMGP1338.JPG
 
 石畳と苔庭もとても綺麗です。

IMGP1345.JPG
さらに奥に進むと、
 千利休作庭「直中庭」(じきちゅうてい)枯山水庭園
 わかりやすい表現された庭というよりか、
 本当に自然に近い、とても表情豊かな庭でした。
 自然の力を感じます。
 
IMGP1346.JPG

3.総見院 (特別公開)

 織田信長のお墓がある場所です。
 豊臣秀吉が建立した織田信長の菩提寺。
 「織田信長坐像」が、特別公開されていました。

IMGP1353.JPG

庭に見える木は台杉といって、北山杉だそうです。
京都、京北町の中川あたりではじまった、方式だそうです。
枝を切り払い、まっすぐにするようです。

IMGP1354.JPG

茶室「寿安席(じゅあんせき)」
襖に浮かぶ文様は、豊臣家の家紋「五七桐」

IMGP1363.JPG

IMGP1365.JPG

IMGP1358.JPG


最後に向かったのは安井金比羅宮

IMGP1369.JPG

IMGP1370.JPG

京都の空は大きくて気持ちいいなって弟が言ってました。
たしかにそうです。
鴨川から見える空は大きくて、気持ちよかったなぁ。

IMGP1364.JPG


次回へ続くよ。