自力で事務所づくり#7  続・天井仕上げ奮闘中


IMGP0991.JPG

天井も少しずつ仕上がってきています。

IMGP1006.JPG

作業を分担しながら、コツコツと張り上げていきます。

ボンド塗り.jpg

合板の裏に木工用ボンドを塗ります。

IMGP1013.JPG

合板と合板の間は、4mmくらいの目地をとっています。
目地をとることで微妙なズレを調整していきます。

この天井のオリジンは、建築家・吉田五十八氏。
合板目透し貼り天井の目透し目地を棹縁天井の棹に見立てました。
日本建築の近代化を生涯のテーマとした建築家です。


僕たちの場合、1枚張るのに大体30分くらいです。
今日は1日6時間作業して、10枚くらい貼ることが出来ました。

天井仕上げ.jpg

あーでもない、こーでもない。
なかなか上手く作業が進みません。

しかし、なんでしょうこの充実感と達成感は。

IMGP1022.JPG

今は、3合目あたりかな。
また来週へ続きます。


自力で事務所づくり#6  天井仕上げへと進む。

白川沿いで、イベント。
楽しそう。
お祭りの雰囲気っていいですね。

IMGP0843.JPG

長かった天井下地工事が終わり、
ついに仕上材を貼っていきます!

IMGP0838.JPG

天井材には、ラワン合板を使います。
下地に使うような合板なので、色ムラがあります。
できるだけ色目が揃うように、店に置いてある分を
結局、全数チェックしました。

IMGP0811.JPG

選りすぐりのラワン合板を3階まで運ぶ。
仕事前にハードな朝活。

IMGP0813.JPG

ウキウキしながら取り掛かるも、
いつものことながら新しい工程に入ると
勝手が分らず、右往左往。
さらには、天井を見上げ続けるため、
首が悲鳴を上げてそのたびに休憩。

IMGP0880.JPG

丸ノコで910mm角に切断して、4mm目地を入れつつ、
できるだけまっすぐ丁寧に貼っていきます。
そんな調子で1時間かかって3枚ほど貼って終わりました。
確か、残り39枚。。。(遠い目)

ラワン切り.jpg

IMGP0878.JPG
ケバケバ~。

IMGP0869.JPG
ボンド、ぬりぬり。

IMGP0865.JPG
目地底にマスキングテープ、ぺターっ。

IMGP0877.JPG
カラー釘、トントン。

天井を貼り終えれば、解体工事で壁が抜けたときのように
ガラリと雰囲気が変わると思います。

天井見上げ.jpg

早く続きをやりたいなー。

自力で事務所づくり#5  まだまだ天井下地づくりだよ。

秋の熊本城。

秋晴れをバックに、今日も熊本城は凛としています。
地震によって石垣も一部崩れていますが、その姿もまた力強さを感じます。

熊本城.jpg


すっかり朝夕と肌寒くなってきました。
ガスが開通してからは、いろいろな料理を作って楽しんでいます。
食べることが大好きです。

IMGP0780.JPG


日中は過ごしやすい気候となり、作業もはかどります。
前回に引き続き、天井の野縁組みが続いています。
悪戦苦闘しながらも、段々とかたちが見えてきました。

IMGP0782.JPG




しかし、本当に終わるのか・・・
工事をはじめて、早3ヶ月が過ぎようとしています。
とっくに終わっている予定がまだこの様です。

IMGP0790.JPG

天井下地.jpg





寅さん風に言えば、
寅さん.jpg

来週は、天井下地の残りと、壁下地へと進んでいく予定です。